タイポス系(ラテン体)のフリーフォント2選(2022年版)

タイポス系書体は、ウロコを付けず、縦棒に比べて横棒が細いという特徴があります。もっとも有名な「タイポス」フォントに近いデザインのため、「タイポス系」という分類をする場合が多いですが、「抑揚サンセリフ体」や「ラテン体」といった名称が使われる場合もあります。明朝体とゴシック体のあいだに位置付けられるデザインとも言え、画数の多い漢字も見やすい長所があります。(フォントの表示順はランダムで、1日1回変更されます。各フォントをクリックすると、拡大見本、フォント情報、ダウンロードのページリンクや手順が確認できます。)